コンファレンス概要

JSRHM コンファレンスは、JSHRM最大のイベントです。
基調講演・分科会では、最新のHRMテーマを取り上げます。
参加型の分科会ではそれぞれの立場から問題解決に向けて、意見の交換や情報の交換を行い、
終了後には懇親パーティでネットワークを広げていただけます。

年次コンファレンス
実施時期 テーマ
2000年4月 「21世紀の企業と人材を考える」
2001年7月 「競争環境の変化とHRプロフェッショナルの役割」
2002年7月 「日本を元気にする人材マネジメント」
2003年7月 「会社の元気は人事が作る」
2004年7月 「個と組織のこれからの関係」
2005年8月 「人と組織の新たな関係を考える」
2006年7月 「『働きたい会社』を考える」
2007年7月 「ダイバーシティーマネジメント ~戦略的人材マネジメントの視点から考える~」
2008年7月 「考える人事 ~成長と変革を支える人事のあり方~」
2009年7月 「HRM ~Now & Next~」
2010年8月 「あれから10年、これから10年『人事のプロは何を目指す!』 ~経営とキャリアの視点から~」
2012年2月 「どうする? 日本の人事 ~グローバル競争に勝つための変革とは~」
2012年12月 「人事の原点回帰 ~「社員の働きがい」からの再出発」
2013年8月 「”温故知新”  ~混迷する現在(いま)だからこそ考えるHRMの歴史的変遷~」
2014年9月 「多様化する『働き易さ』と『働き甲斐』~日本の人事の再生~」
2015年10月 「進化しつづける人事プロ ~その原動力とは~」
2016年10月 「ダイバーシティ再考 ~わかっているつもり? なぜ進まない?~」