「働き方改革」を説く?解く!
~(処遇の改善)×(制約の克服)×(キャリアの構築)3つの観点から個々に紐解きます~

JSHRMコンファレンスは、人事担当者の交流の機会として
JSHRM会員並びに非会員の方々との『繋がり』を促す場の大会です。

2017コンファレンス

画像をクリックすると詳細(PDFファイル)がダウンロードできます。

「働き方改革」という言葉は、昨今ニュースでよく聞かれる一方、その本質を深く理解されていないため、
  ・社員には、具体性に欠ける期待
  ・経営者には、漠とした焦り
を与えていないでしょうか?

今回のJSHRMコンファレンスでは、政府が主導する「働き方改革」、そのルーツと概要を、立案に関わった当事者に語っていただき、そこから個別の問題意識や課題を提示し参加者同士で議論する場を提供します。

  • 日時:2017年10月28日(土) 12:45~17:40(終了後懇親会)
  • 会場:東京ユビキタス協創広場 CANVAS(株式会社内田洋行新川本社)
  • 参加費(税込):含、懇親会費
    • JSRHM会員(お試し会員含む):1,000円
    • 日本生産性本部賛助会員・JSHRM会員同伴者:2,000円
    • 一般(非会員):3,000円

プログラム
開会 12:45~
【総合司会】JSHRM執行役員 堤 敏弘
開会挨拶  JSHRM会長  谷川 和生
協賛企業ご挨拶(株)内田洋行 知的生産性研究所 専門部長 穂積義剛 氏
第1部 13:00~14:20
13:00~13:40
「残業削減から働き方改革へ:メリハリワークで平日のゆとりを」

中央大学大学院戦略経営研究科教授 佐藤 博樹(さとう・ひろき)氏
佐藤 博樹
1981年 一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学
1981年 雇用職業総合研究所(現、労働政策研究・研修機構)研究員
1983年 法政大学大原社会問題研究所助教授
1991年 法政大学経営学部教授
1996年 東京大学社会科学研究所教授
2014年10月より現職。専門は人事管理論

13:40~14:20
「働き方改革の実現に向けた政府の取り組み」(仮)

厚生労働省労働基準局賃金課長 武田 康祐(たけだ・こうすけ)氏
武田 康祐
2005年 鹿児島労働局総務部長
2007年 厚生労働省政策統括官付労働政策担当参事官室長補佐
2008年 在タイ日本国大使館一等書記官
2011年 厚生労働省職業安定局雇用政策課長補佐
2012年 内閣府政策統括官付参事官
2014年 厚生労働省労働基準局労働条件政策課労働条件政策推進官
2015年 内閣官房一億総活躍推進室企画官
2016年 内閣官房一億総活躍推進室内閣参事官・内閣官房働き方改革実現推進室

第2部 14:30~15:00
政府の掲げる「働き方改革実行計画」を踏まえ、3つの観点について問題提起します。
●「処遇の改善」の観点から :倉重公太朗氏 弁護士、安西法律事務所
●「制約の克服」の観点から :酒井之子氏   コニカミノルタジャパン(株) 経営企画本部人事総務統括部人財開発部長
●「キャリアの構築」の観点から:佐藤千佳氏 ノキアソリューションズ&ネットワーク(株) 人事部長
第3部 15:15~17:15
第2部での問題提起を受け、3つの観点別にグループに分かれてディスカッションを行います。
総括~閉会
JSHRM常任役員 野村 和宏
懇親会 17:40~(参加費無料)
乾杯   JSHRM常任役員代表 藤岡 長道

更なる議論や意見交換、ネットワーキングを深めていただきます

主催:日本人材マネジメント協会
後援:公益財団法人日本生産性本部
メディアパートナー:HRプロ(ProFuture株式会社)、人事実務・賃金事情(産労総合研究所)、労働政策研究・研修機構
協賛:

JAVADA


【2017 コンファレンス 申込フォーム】

※申込者は、当本部の個人情報保護方針および「個人情報の取り扱いについて」をご確認いただき、「個人情報の取り扱いについて」に同意した上で、以下の申し込みフォームの「申込」ボタンを押してください。

【お申し込み内容】

10月28日(土) 参加します10月28日(土) キャンセルします

■ 区分:会員・お試し会員(¥1,000)賛助会員・JSHRM会員同伴(¥2,000)一般・非会員(¥3,000)

会員ID :

■ 氏 名(必須)

■ フリガナ(必須)

■ 会社名 :フリーの方は「なし」と入力ください(必須)

■ 所属/役職 :フリーの方は「なし」と入力ください (必須)

■ メールアドレス(必須)

■ 当日聞きたいポイント等があれば記入ください。:

■ 備考:

(確認のメールが自動送信されます)