日本人材マネジメント協会 人事制度研究会では、人事制度(等級制度、報酬制度、評価制度)の構築や運用、管理職評価スキルなどの人事評価制度領域をはじめ、キャリア、人材育成、組織マネジメントなど関連する領域もターゲットとしております。
メンバー発表によるケース演習、ゲストスピーカー講演、ディスカッション等を通じてこうした領域についての知見を深めています。

第32回人事制度研究会のご案内

  • 11月29日(木)19:30~21:30
  • 会場:日本生産性本部1階 第2セミナー室
    東京都千代田区平河町2-13-12 公益財団法人日本生産性本部内
    http://www.jshrm.org/about
  • 登壇者:曽和利光さん(株式会社人材研究所 代表取締役社長 組織人事コンサルタント 上智大学非常勤講師)
    プロフィール:京都大学教育学部教育心理学科卒業。リクルート人事部ゼネラルマネジャー、ライフネット生命総務部長、オープンハウス組織開発本部長と、人事・採用部門の責任者を務め、主に採用・教育・組織開発の分野で実務を経験。人事歴約20年、これまでに面接した人数は2万人以上。2011年に株式会社人材研究所設立。様々な業界・規模の企業に対して人事分野全般にわたりコンサルティングや研修・トレーニングを提供している。また、日経新聞やリクナビ、労政時報等各種メディアや多数の就活セミナー・面接対策セミナーなど一般向けにも人事やキャリアに関する情報を精力的に発信中
  • テーマ:人事におけるAI利用や統計分析に関する論点について
    ディスカッションの刺激材料として
    AIやRPA、HRテックに関しては、既に多方面から議論がなされ、多くの皆さんが新しい知見を獲得されました。一方で、職場実態に目を向けてみると、旧態依然とし、一向に進化・進展しない状況に直面されている皆さんも多いと思います。何故なのでしょうか?ここで一旦立ち止まってジックリ考えてみませんか?机上の空論やおとぎ話ではなく、ガチな意見交換をしましょう。
    ◆「データを用いて統計的分析やAI処理をすることで人事に貢献する」というのに、異論はない。使わない選択肢はない。ただし、いろいろ乗り越えなくてはいけない壁はある
    ◆効率化のためではなく、真実の発見のためにデータは使うもの(もちろん結果としての効率化という果実は得られるが、あくまで副産物)それを忘れると、弊害が大きくなってしまうこともある
    ■3つの問題点
    1)データの不完全性

    • データを揃えるのに時間がかかる(退職率等)
    • サンプルセレクション問題(採用選考で落とした人のことはわからない)
    • 何を「是」とするのか(人事評価?360度評価?)
    • 「是」の数値が向上しても、生産性が実際に上がったのか、評価バイアスかわからない

    2)多様性と創造性への影響

    • 分析結果に従って機械的に人や組織をいじることで、「純化」「一様化」してしまう
    • 多様性が減縮することで、創造性や変化対応力の低下につながらないか

    3)倫理的な問題

    • 納得度の問題(例:適性検査よりES。AIで裁かれるのは嫌。AIはブラックボックス)
    • 統計的差別の自己成就性
  • 定員:最大20名とさせて頂きます。
  • 参加費用:1,000円(会場代)

*参加希望の方は、11/26(月)までにこちらよりお申込みください。


第33回人事制度研究会のご案内

松岡太一郎氏

  • 12月20日(木)19:30~21:30
  • 会場:日本生産性本部1階 第2セミナー室
    東京都千代田区平河町2-13-12 公益財団法人日本生産性本部内
    http://www.jshrm.org/about
  • 登壇者:松岡太一郎さん(あさやけ法律事務所代表弁護士)
    プロフィール:東京学芸大学教育学部附属竹早小中学校・東京学芸大学教育学部附属高等学校卒業
    東京大学法学部卒業・首都大学東京大学院社会科学研究科経営学専攻博士前期課程(MBA
    )修了
    主な役職

    • フルコンタクト空手黒帯(空手道講士館文京道場準指導員)
    • 経営学修士(MBA専攻:人事労務),産業カウンセラー(登録番号18000320)
    • 東京中小企業家同友会文京支部副支部長・同西部協議会幹事・多様な働き方推進委員会
    • NPO法人わかもの就労ネットワーク理事
    • NPO法人風のやすみば理事
    • 日本人材マネジメント協会会員
      同人事制度研究会会員
      第33期人材マネジメント基礎講座修了(日本人材マネジメント協会)
    • 日本弁護士連合会委員
    • 司法修習講師
    • 第一東京弁護士会労働法制委員会委員

    主な著作

    • 「個人請負の労働者性の問題」(労働調査会)
    • 「外国人の法律相談Q&A」(ぎょうせい)
    • 「日本の派遣企業と派遣社員との間の心理的契約」(MBA修士論文、2016年)
    • 「従業員による就業規則の無断変更」(中央労働時報2016年3月号)
    • 「労働基準法37条の趣旨を潜脱する賃金規則の規定の有効性」(季刊労働法2016年秋号)
    • 「退職後の競業避止義務条項の有効性の判断の多様性」(季刊労働法2017年夏号)
    • 「ひとことメッセージ」(ねりま若者サポートステーション2017年度活動報告集)
    • 「会員の部屋」Insights Vol.96 2018.7月号 その他多数
  • テーマ:今宵、多様な人材活用及び人材育成からみた労働法の「遺産」について大いに語り合おうじゃないですか
    平成の時代が終わりを迎えるに当たって、多様な人材活用及び人材育成が急務であることに異論を唱える方はいないでしょう。
    では、「多様な人材」って何でしょうか?
    健常者、障がい者、高齢者、女性、外国人、LGBT、ニート・ひきこもり…
    労働者も「人」であり、多様なバックグランドをもった「人」が存在するのは当然であり、これを対象とする労働法も実は、人材の多様性については、昭和の時代から想定していたはずなのです。
    しかし、昭和の時代から労働法が貫いてきたある「遺産」がよくも悪くも人材活用及び人材育成の場面で影響を与え始めています。
    はたして、昭和の時代の労働法は,どこまで人材の「多様性」を想定していたのでしょうか?
    今回の発表では、労働法が昭和の時代から貫いている「遺産」を明らかにしつつ、その「遺産」が多様な人材活用及び人材育成から見てどんな風に皆さんからはみえるのか?参加者皆様各自のお話を大いに聴かせて頂き、あわよくば単なる法改正ではない多様な人材活用及び人材育成による「働き方改革」への一筋の糸口でも見えてきたら…という熱い夜にしたいと思います。
  • 定員:最大20名とさせて頂きます。
  • 参加費用:1000円(会場代)

*参加希望の方は、12/18(水)までにこちらよりお申込みください。


第34回人事制度研究会のご案内

木村琢磨氏

  • 1月15日(火)19:30~21:30
  • 会場:日本生産性本部1階 第2セミナー室
    東京都千代田区平河町2-13-12 公益財団法人日本生産性本部内
    http://www.jshrm.org/about
  • 登壇者:木村琢磨さん(法政大学キャリアデザイン学部教授)
    プロフィール:神奈川県横浜市生まれ。東京大学大学院経済学研究科企業・市場専攻(現経営専攻)博士課程修了。専門は組織行動論。ベンチャー企業、コンサルティングファームを経て現職。社内政治、リーダーシップを主なテーマとしてInternational Journal of Management Reviews、CSR and Environmental Management、Industrial Marketing Management等、世界屈指のビジネス学術ジャーナルにて論文を発表。実証による理論構築と、理論を活かした実践がポリシー。
  • テーマ:人材マネジメントの革新・実行における社内政治
    ~リーダーシップ要件としての政治スキルと政治力~

    多くの組織は一枚岩ではなく、利害が多様な集団・個人で構成されています。また、往々にして意思決定の基準は明確ではなく、とりうる選択肢がもたらす結果を完璧に予測することは不可能です。このような状況において、組織の意思決定の多くは、様々な形の社内政治によって動かされているのが現実です。今回の人事制度研究会では、以上の認識を踏まえ、会社での仕事における政治スキル、政治力の影響に関して、学術理論のご紹介と、それを実践につなげていくための議論をします。自分が政治的状況をうまく乗り切っていくという処世術としての社内政治ではなく、会社を望ましい方向に動かしていくためのリーダーシップという観点から、政治スキルと政治力について考察します。社内政治の経験やリーダー経験の有無・多寡は問いません。ご参加お待ちしております。
  • 定員:最大20名とさせて頂きます。
  • 参加費用:1000円(会場代)

*参加希望の方は、1/14(月)までにこちらよりお申込みください。


研究会について

JSHRM人事制度研究会は、人事制度(等級制度、報酬制度、評価制度)の構築や運用、管理職評価スキルなどの人事評価制度をはじめ、キャリア、人材育成、組織マネジメントなど関連する領域も含め、HRM(Human Resource Management)についてプラクティカル、アカデミックの視点から学ぼうという研究会です。
メンバー発表によるケース演習、ゲストスピーカー講演、ディスカッション等を通じて知見の交流を深めています。
こうした分野に興味・関心のある皆さん、一度お気軽に見学にお越しください!

研究会の活動の様子

■毎月開催(原則第三木曜日) 平均参加数10名前後

人事制度研究会

20170420開催

第13回勉強会の様子

第16回人事制度研究会

第16回勉強会の様子

第17回研究会の様子

第17回研究会の様子

人事制度研究会

【緊急企画】研究会当日の様子です!

人事制度研究会

【緊急企画】研究会当日の資料です!

第20回 人事制度研究会

第20回人事制度研究会

第20回 人事制度研究会

第20回人事制度研究会

第22回 人事制度研究会

第22回人事制度研究会

第23回人事制度研究会

第23回人事制度研究会

第25回人事制度研究会LIVE

第25回人事制度研究会LIVE

第27回人事制度研究会 ティール組織

第27回人事制度研究会 ティール組織

第29回人事制度研究会

第29回人事制度研究会-1

第29回人事制度研究会

第29回人事制度研究会-2

第29回人事制度研究会

第29回人事制度研究会-3

第31回人事制度研究会

第31回人事制度研究会-1

第31回人事制度研究会

第31回人事制度研究会-2

■実 績(2016年度下期以降)

  • 第7回(2016年10月21日)ゲストスピーカー講演
  • 第8回(2016年11月17日)メンバーによる発表5
  • 第9回(2016年12月15日)ゲストスピーカー講演
  • 第10回(2017年1月19日)メンバーによる発表6
  • 第11回(2017年2月16日)メンバーによる発表7
  • 第12回(2017年3月16日)メンバーによる発表8
  • 第13回(2017年4月20日)ゲストスピーカー講演

*ゲストスピーカーは、大学教授、評論家、実務家等各分野の専門家やエキスパート、オピニオンリーダーにお越し頂きます。

代表者:岡田 英之

自主研究会スケジュール一覧

読み込み中... 読み込み中...


人事制度研究会 参加申し込みフォーム

※個人情報の取扱いについてはこちらをお読みください。

申込者は、当本部の個人情報保護方針および「個人情報の取り扱いについて」をご確認いただき、「個人情報の取り扱いについて」に同意した上で、以下の申し込みフォームの「申込」ボタンを押してください。

【お申し込み内容】

■ 11月29日(木)参加します■ 11月29日(木)キャンセルします

■ 12月20日(木)参加します■ 12月20日(木)キャンセルします

■ 1月15日(火)参加します■ 1月15日(火)キャンセルします


■ 区分(必須)日本人材マネジメント協会会員お試し会員一 般

■ 会員の方は会員ID :

■ お名前[姓 名](必須)

■ フリガナ(必須)

■ 所属組織、会社名(必須)(フリーの方は”なし”とご入力下さい):

■ 部署名/部門名(必須)(フリーの方は”なし”とご入力下さい):

■ 役職名(記入例 代表取締役):

■ メールアドレス(必須)(確認のメールが自動送信されます):

備考