研究会からのお知らせ

◆開催日:
9月開催:2019/09/18(水) 19:00-21:30
10月開催:2019/10/23(水) 19:00-21:30

◆テーマ:グローバル人材マネジメントのグローバル標準になった、SHRMコンピテンシーを一緒に学ぼう!
9月テーマ:ビジネス先見性を伸ばすコンピテンシー
10月テーマ:効果的な社内支援をするコンピテンシー

今月のテーマはBusiness Acumen competency、つまり「現在の問題を把握して、早めに対策するコンピテンシー」です。
例えば、「離職率が高い」という問題があれば、この状態を放置すると、近い将来、他の人にも影響して、さらに大きな問題にあることを予測できますか?
これが予測でれば、何かの対策を打つことも可能になります。
この行動特性を「ビジネス先見性コンピテンシー」と言います。
これは、人事だけに必要なのではなく、あらゆるマネジャーに重要なコンピテンシーになります。
日経ビジネス8月26日号の特集に、「できる若手は、なぜやめるのか?」という特集記事がありましたが、ご覧になりましたか?
大半の企業が、メンター制度を実施しているが、メンターの負荷が高いと不評で、やめた所が多いとの話です。
メンター制度を導入しても、メンターの組織への貢献度をきちんと評価してない所が、いまだに多いことが最大の原因だと言えます。
売上げしか評価しない売上至上主義では、当然の帰結とも言えます。
良いメンターに対しては、人材育成への貢献度をきちんとした評価し、職場の人財育成の見える化をすることで、一部のメンターだけに負担をかけていれば、これを是正する対策ができます。
近年、職場でのWellbeing(しあわせ感)が重視されています。
これは、個人的な問題や健康だけのことではなく、やりがいを継続して得られるのか、職場からの支援があるかどうかが、鍵を握ります。
これらが改善されると、欠勤率、定着率、病欠の管理費、生産性、従業員エンゲージメント等も改善されるとの研究報告があります。
次回の研究会では、職場でよくある事例で、これを改善するための基本的考え方とその事例をベースに、皆さんの職場で良くある事例で、どうすべきかを考えたいと思います。
多くの方の参加をお待ちしております。

◆参加費:JSHRM会員・お試し会員共に1000円、一般参加者:2000円

 JSHRM会員でない方は、事前に下記からお試し会員登録して参加ください。
 http://www.jshrm.org/inquiry
◆会 場:日立ソリューションズ タワーB棟4階にて開催します。

     (品川シーサイド駅から徒歩1分、青物横丁からは徒歩10分)
  会場住所:東京都品川区東品川4-12-7(日立ソリューションズタワーB館4階)

参加・見学のお申し込みはこちらから

研究会について

画像をクリックするとPDFファイルがダウンロードできます。

世界最大のHRプロフェッショナル支援団体である人材マネジメント協会SHRM(会員28万名)が、HRプロフェッショナル用のSHRMコンピテンシーを2012年に発表し、2015年5月から、このSHRMコンピテンシーに基づくHRプロ認定として、SHRM CP/SCPを開始。既に、50,000名が認定されました。
従来のHR関連知識に偏ったHRプロ認定から、「本来の役割をキチンと理解し、最適な行動をとれる人材なのかを判定する」ためのHRプロ認定への転換が注目を集めています。
従来のHRプロの進め方と何が違うのか、グローバル企業として、どんな視点で、ヒューマン・キャピタル・マネジメントを推進するべきかを考える場として、SHRMコンピテンシー研究会を設立します。
研究会ブログはこちら

研究会の活動の様子

代表者:スマートビジョン 石川 洋 氏

自主研究会スケジュール一覧

読み込み中... 読み込み中...

参加・見学を希望する場合は下記よりお申し込みください。


【SHRMコンピテンシー研究会申込フォーム】

※申込者は、当本部の個人情報保護方針および「個人情報の取り扱いについて」をご確認いただき、「個人情報の取り扱いについて」に同意した上で、以下の申し込みフォームの「申込」ボタンを押してください。

【お申し込み内容】

(必須)
■ 9月18日(水)参加します■ 9月18日(水)キャンセルします
■ 10月23日(水)参加します■ 10月23日(水)キャンセルします

■ 区 分:会員お試し会員一般

■ 会員ID :

■ 氏 名(必須)

■ フリガナ(必須)

■ 会社名(フリーの方は”なし”とご入力下さい)(必須)

■ 所属/役職(フリーの方は”なし”とご入力下さい)(必須)

■ メールアドレス(必須)

■ 備考:

(確認のメールが自動送信されます)