研究会からのお知らせ

JSHRM月例会:2月17日(月)開催

「イキイキしている人のキャリアはどのようにつくられたのか
~6人の現役ビジネスパーソンの事例から」

ワーク・ライフ・キャリア研究会では、「元気で働く」「イキイキしている」、とはどういうことかを探り、充実した働き方、豊かなライフキャリアの秘訣を明らかにしようと研究をはじめました。
昨年6~11月にかけて、私たちから見て元気でイキイキ活躍されていると感じる40代から50代の方6名に現在に至るキャリアをお話いただき、次の視点でまとめました。

  • 仕事で不条理を感じたり、うまくいかなかったときに、どうやって前に進み、充実感を取り戻したのか
  • 会社と個人の関係をどう捉えているのか
  • Will(やりたいこと)、Can(できること)、Must(やるべきこと)をどう捉えるか

これらを基に、働く個人の「イキイキ」の源泉は何か、そして組織におけるキャリア支援の在り方について参加者のみなさんと一緒に考えたいと思います。

  • 開催日時:2020年2月17日 19:00-21:00
  • 会場:日本生産性本部ビル 第5セミナー室
  • 参加費:JSHRM会員(無料) お試し会員(無料) 休止会員・一般(1,000円)
    ※懇親会費(1,000円)は別途となります。
    ※参加費・懇親会費は当日払いです。(領収書をご用意します。)

お申込みは下記URL 月例会のページよりお願いいたします。
http://www.jshrm.org/event/jshrm_monthly


【2019年度スケジュール】毎月第3火曜日開催

2020年 3月17日

開催場所: 学習院大学 東2号館 13階 第3会議室

研究会について

組織(HR・マネジメント・経営)の視点と個人の視点の両面から、キャリア自律について考える研究会です。

労働人口の減少、働き方改革、ダイバーシティ推進など、組織と個人を取り巻く環境変化が激しさを増しています。働く個人にとってキャリア自律がますます重要になる中、それを支える組織のあり方にも、変化が求められています。
組織の中の一人ひとりが、個性や成長、ライフステージに合わせて能力を発揮でき、やりがいを感じられる環境づくりのため、組織はどのように個人を支援し、それを組織の活性化につなげていくのか。
真のワークライフキャリアの実現のために、組織と個人はいかに共生していくのか。
ワークライフキャリア研究会は、これらの課題について真剣に議論し、行動につなげていくことで、私たち会員自身も一歩前に進んでいきたいと考えています。

研究会の活動の様子

代表者:渡部 由樹子 氏

自主研究会スケジュール一覧

読み込み中... 読み込み中...