会員著作紹介:「企業労働法実務入門」


企業労働法実務入門

「企業労働法実務入門」

著:企業人事労務研究会(倉重公太朗田代英治 他)
出版社:日本リーダーズ協会
発売日:2014年5月

はじめての人事労務担当者からエキスパートへ!
本書は、「これまで法律には縁がなかったけれども、はじめて人事・労務担当となって何から勉強したら良いのかわからない」という方を対象に、「初めて人事労務担当者になったら読む本」というコンセプトのもと、「企業人事労務研究会」気鋭の社会保険労務士、弁護士ができるかぎり専門用語を使わず、わかりやすく労働法実務を解説するという観点から執筆を行ったものです。
また、正確な理解のため、専門用語が必要な箇所には、可能な限りその説明をつけて、法律知識がゼロでも読めるように工夫しています。
本書は、一般的な採用から退職までの人事労務実務の問題に加えて、人事労務分野に特有の制度をそれぞれ解説する流れになっています。すべて読み終えると、労働法の基礎のみならず、人事制度や社会保険制度など人事担当者として必要な基礎知識が一通り身につくことになるでしょう。