≪JSHRM会員ご招待≫9/25会員月例研究会『人工知能(AI)と「雇用の未来」「人材育成・働き方」~第4次産業革命を勝ち抜くために求められる能力~』

講師:経済産業研究所上席研究員(特任)/日本生産性本部上席研究員 岩本 晃一 氏

 2013年9月、オックスフォード大学のフレイ&オズボーンの2人は、「米国において10~20年に労働人口の47%が機械に代替されるリスクが70%以上」という推計結果を発表しました。「47%は本当か?」と世界中の専門家が疑問を持ち、「雇用の未来」に関する研究ブームが巻き起こりましたが、日本だけが無関心でした。世界中から数百本の論文が発表され、将来の雇用の姿は、ほぼ予測がなされ、今後取るべき「対策」も明らかになりました。他の先進国は、既に「対策」に着手していますが、日本だけが蚊帳の外にいます。
 インターネット元年(1995年)から今までの約20年間、日本の電機業界は、世界のグローバル競争に負けて壊滅的な打撃を受け、多くの地方工場が閉鎖され、下請けも倒産しました。このまま何もしなければ、他の業種も同様の事態となることも予想されます。日本の産業界は、危機感を持って、第4次産業革命の戦いを勝ち抜かなければなりません。今回の会員月例研究会では、第4次産業革命を勝ち抜くために求められる能力について、日本生産性本部 岩本晃一上席研究員よりお話しいたします。

岩本 晃一 氏 略歴

1981年京都大学卒、1983年京都大学大学院(電子)修了後、通商産業省入省。産業技術総合研究所つくばセンター次長、内閣官房参事官、経済産業研究所上席研究員等を経て、2018年4月から現職。2014年から一橋大学国際企業戦略研究科(ICS)のMBAプログラムにてゲスト講師。専門は第4次産業革命時代のICT、IoT、AI等のデジタル技術を用いたデジタルビジネス・デジタルエコノミー研究、ドイツの生産性研究等。著書:『インダストリー4.0』、『ビジネスパーソンのための人工知能』(共著)、『中小企業がIoTをやってみた』(共著)ほか。


参 加 要 領

【日 時】: 2018年9月25日(火)15:30~17:00(受付開始15:00)
【会 場】:プレスセンターホール(日本プレスセンタービル 10階)
東京都千代田区内幸町2-2-1
tel:03-3503-2721
【参加費】: 会員 無料、一般:16,000円(税込)

下記より申込書をダウンロードし、ご記入の上、FAXをご送信下さい。

『人工知能(AI)と「雇用の未来」「人材育成・働き方」~第4次産業革命を勝ち抜くために求められる能力~』

申込書がそのまま参加証となりますので、当日お持ち下さいますよう、お願い申しあげます。