≪JSHRM会員ご招待≫4/23会員月例研究会
『「生産性向上戦略」~人口減少・高齢化を生き抜くために~』

講師:株式会社小西美術工藝社 代表取締役社長 デービッド・アトキンソン 氏

 日本生産性本部「労働生産性の国際比較2018年版」では、日本の1人当たり労働生産性は、OECD加盟36ヵ国中21位で、2013年から順位が変わらず、主要先進7ヵ国で最も低い水準となっています。人口減少に伴う生産年齢人口の減少が進む日本において、生産性向上の実現は喫緊の課題です。
 小西美術工藝社社長のアトキンソン氏は、約30年日本に在住し、日本の伝統文化に造詣が深く、また各方面に向けて自らの考え方を活発に発信されています。今回の会員月例研究会では、生産性向上の本質と、日本が再び一流先進国の地位を確かなものにするための「日本人の勝算」についてお話いただきます。

デービッド・アトキンソン氏 略歴

1965年イギリス生まれ。オックスフォード大学(日本専攻)卒業後、大手コンサルタント会社や証券会社を経て、1992年ゴールドマン・サックス証券会社入社。大手銀行の不良債権問題をいち早く指摘し、再編の契機となった。同社取締役を経てパートナー(共同出資者)となるが、 2007年退社。2009年に創立300年余りの国宝・重要文化財補修を手掛ける小西美術工藝社入社、取締役に就任。2011年代表取締役会長兼社長、2014年に代表取締役社長に就任し現在至る。
<主な著書>
「新・生産性立国論」 「日本再生は、生産性向上しかない!」 「新・観光立国論」 「日本人の勝算」 など多数。


参 加 要 領

【日 時】: 2019年4月23日(火)15:30~17:00(受付開始15:00)
【会 場】:全国町村会館 ホール (2階)
東京都千代田区永田町1-11-35
tel:03-3581-0471(代表)
【参加費】: 会員 無料、一般:16,000円(税込)

下記より申込書をダウンロードし、ご記入の上、FAXをご送信下さい。

「生産性向上戦略」~人口減少・高齢化を生き抜くために~

申込書がそのまま参加証となりますので、当日お持ち下さいますよう、お願い申しあげます。