≪JSHRM会員ご招待≫4/15会員月例研究会

※コロナウイルス感染拡大防止のため、イベントは中止となりました。

「AIの最新動向と業務活用の事例、AIを用いた働き方改革の可能性」
~企業の実例とともに、図解で業界ごとに生産性向上の対応策を紹介~

「AIの最新動向と業務活用の事例、AIを用いた働き方改革の可能性」~企業の実例とともに、図解で業界ごとに生産性向上の対応策を紹介~

講師:NEC AI・アナリティクス事業部 シニアデータアナリスト 本橋 洋介 氏

 現在、業務の効率化や働き方改革を背景に、AI(人工知能)の重要性が高まっています。

 また、「日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に」と、仕事の半分がなくなり労働の形態が変わるという研究発表もあります(野村総研2015)。

 AIにより、実際にビジネスの現場で起きている変化や、働き方改革に伴う労働生産性の向上と付加価値を高める具体的な対応策とは、どのようなものになるのでしょうか。

 本研究会では、企業にAIのコンサルティングを行っている第一人者に、業界ごとに整理した企業の活用実例や、最新の研究開発動向を解説いただきます。

(当日は会場にて、本橋様の書籍『業界別!AI活用地図8業界36業種の導入事例が一目でわかる!』(翔泳社)を「特別価格2,500円」にて販売いたします)

本橋 洋介 氏 略歴

2006年にNEC入社後、人工知能・知識科学・機械学習・データマイニング技術と分析ソリューションの研究開発に従事。機械学習の実問題適用を専門としており、これまでに機械学習技術を用いた分析サービス・システムの導入について、30社以上に対して実績あり。2016年、NECが新規に創設したシニアデータアナリストの初代認定者になる。AI技術やサービスの広報役としてビジネスカンファレンスなどでの講演を多数行うと共に、企業トップ層へのAI活用に関するロードマップ策定のコンサルティングを実施。


参 加 要 領

【日 時】: 2020年4月15日(水)15:30~17:00(受付開始15:00)
【会 場】:全国町村会館 ホール(2階)
東京都千代田区永田町1-11-35
tel:03-3581-0471
【参加費】: 会員 無料、一般:15,000円(税込)

【申込】:日本生産性本部ホームページからお申込ください。
「セミナーお申込完了」メールのプリントを当日お持ちください。
URL https://www.jpc-net.jp/kaiin/getsurei.html

または下記申込書をダウンロードし、ご記入の上、FAXをご送信下さい。
申込書がそのまま参加証となりますので、当日お持ち下さいますよう、お願い申しあげます。

「AIの最新動向と業務活用の事例、AIを用いた働き方改革の可能性」~企業の実例とともに、図解で業界ごとに生産性向上の対応策を紹介~