HRMの分野では幅広い知識・見識をもとに、さまざまな角度から課題を検討・検証することが求められます。それら知見の「マナビ場」として、JSHRM活動以外で実施されている勉強会やセミナーなどをレポートします。
今回は実務を見据えたプライベートでの自学習の場として、経済と金融を中心とした読書会を開催している非営利組織「FED(Financial Education Design)」の取り組みについてご紹介します。

FED HP https://www.fed-japan.com/

Facebook https://www.facebook.com/FED.Japan/

画像600px

村上茂久(むらかみ しげひさ)
一橋大学大学院経済学研究科修了後、金融機関に勤務し、証券化や不良債権投資業務に従事した後、現在はプロジェクトファイナンス業務や投資業務等をマネージャー職として手掛ける。FEDの前身となるマンキュー経済学読書会を2009年に、そしてFEDを2011年2月立ち上げ、事務局長として運営している。他、みずほ学術振興財団等の懸賞論文で入賞多数。

左よせ

村上由貴子(むらかみ ゆきこ)
不動産会社を経て、金融機関に勤務。勤めながら、早稲田大学大学院ファイナンス研究科を修了。金融機関では、不動産ノンリコースローンの融資管理業務に従事。2018年4月より子会社の信託銀行に勤務。プライベートではFEDの企画プロデュースを手掛けると共に、2児の子育てに奮闘中。


400

 FED(Financial Education Design)は「未来の金融をデザインする」をミッションとする金融と経済を中心とした読書会・勉強会を開催する団体です。同団体は現在、村上茂久さんと村上由貴子さんご夫妻で運営しています。参加者から500円を参加費として徴収しますが、残額分をNPOに寄付するという非営利の任意団体として運営されています。取材者が特に興味を持ったのが、そういった団体でありながら、大手書店のビジネスコーナーのランキングで上位に入る著書の著者もしくは訳者が多くの回で登壇・参加するということ。またBrexit や異次元緩和についてエコノミストとのパネルディスカッションを企画する一方で、マンキューやクルーグマンの輪読を行うなど、読書会、勉強会として非常に懐が深い所でした。元々はアカデミックで少人数の?勉強会がなぜ2018年2月現在では200回を超える勉強会を開催し、参加人数はのべ3,000人を超える会になったのか、インタビューしました。

400px 右寄せ

 設立のきっかけについて伺うと、村上茂久さんが当団体設立?当時から勤める金融機関で「村上経済通信」というメルマガを同期の仲間中心に発刊していて、現在の妻である村上由貴子さんが同行内で見つけたことがきっかけだそうです。そのメルマガは世界の株価や株価指数、金融のニュースをストレートに伝えるだけでなく、その現象が起きた理論的背景や今後の展望などを書き記した「解説記事」がメインで、それを毎日社内のメールで同期宛に送り続ける姿を見て「この人に何かさせたら面白そう!」と由貴子さんが直感的に思い、この人の才能をプロデュースしてみたいと思ったそうです。