組織と個人の関係が変化し、働き方改革という起爆剤も加わり、兼業・副業やフリーランスという働き方も拡大しています。今後は、単なる量的拡大ではなく、質的拡大が必要になってくるでしょう。一方で多くの方が不安に思っていることが安定した収入の確保です。フリーランスは自由である反面、あらゆる自己責任が要求される働き方です。収入額や安定性の面も同様です。今回の山田竜也さんのお話は、フリーランスが安定して稼ぎ続けるために必要な視点について、示唆に富んだ内容となっております。また、「ポートフォリオワーカー」というリスクヘッジ方法についても言及されています。新しい時代を迎えるに当たり、働き方を見直したい皆さまには必読です。

聞き手・文:岡田 英之(Insights編集長)

株式会社パワービジョン代表取締役、ポートフォリオワーカー 山田 竜也 氏

株式会社パワービジョン代表取締役、ポートフォリオワーカー 山田 竜也 氏
同志社大学哲学科卒業後、3年半の会社員生活を経て、2007年にフリーランスとして独立。フリーランスになった当初は900万円もの借り入れの返済に追われ自己破産寸前になったり、うつ病になって2年ほど実家で療養しながら仕事をしていたりしたこともあったが、稼ぐための仕組みを身につけた結果、現在はずっと1000万円を超える収入を確保している。専門分野は、Webマーケティング。成長スピードの激しいスタートアップや、NPO法人はとくに得意。初期から支援している企業の数社は近々上場予定。コンサルティング、広告運用、Web管理の他、自分の所有するメディアからの広告収入、セミナー講師、著書印税、イベント売上など複数軸の収入を持つポートフォリオワーカーでもある。ペンネームの山田案稜としては、著書に『小さな会社のWeb担当者になったら読む本』(日本実業出版社)、『すぐに使えてガンガン集客! Webマーケティング111の技』(技術評論社)、『Googleアドワーズ&Yahoo!リスティング広告 最速集客術 ~SEMの極意』(技術評論社)他、共著に『世界一ラクにできる確定申告』(技術評論社)などがある。

岡田 英之(編集部会):本日は『フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法』の著者である山田竜也さんにお越しいただきました。昨今、フリーランスという働き方には、多くの方が関心を寄せていると思います。まず、山田さんの自己紹介と、この本のご出版の経緯などをお願いいたします。

◆「フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法」について

山田 竜也(フリーランス):山田竜也と申します。肩書としてはWebマーケティング分野のフリーランスとして動いています。現実的には、ポートフォリオワーカーと呼ばれる、仕事に関していろいろな売上や立ち位置が存在する働き方をしています。例えば、Webマーケティングの領域だけでも、コンサルティング、広告運用、Webサイトの保守があり、それ以外にも自分で運営しているサイトのアフィリエイト広告収入、連載、本の印税、株、投資など10種類ぐらいの仕事を持っています。数十の振込先があるような働き方というのを、自分なりに追求して約12年になります。

岡田:10種類のお仕事をされていらっしゃる。ご自身のバックグラウンドは?

山田:システムエンジニアです。メディアによく出られるフリーランスの方と僕が違うのは、勤めていた会社が非常に小さく無名なことで、従業員は10人以下、2次、3次下請のシステム開発会社で3年半働いていました。

岡田:そんな山田さんのこちらのご著書『フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法』について、簡単にターゲット層や訴求ポイントなどをご紹介いただけますか?

山田:この本は、フリーランスになる前や、なってから3年以内のスタートアップフリーランスの方に向けて書いています。凄く有利なバックグラウンドを持っていない方にも役立つような、汎用的な情報をなるべく盛り込んでいます。

岡田:元々、有名な方っていらっしゃいますよね。スーパーサラリーマンのような。

フリーランスが安定して稼ぎ続けるには?

山田:はい。実はフリーランスで年収1000万円を超えています、何千万円ありますという方は、大抵がリクルートやベネッセなどスーパーフリーランス排出企業のご出身です。でも実際には、そんな大手企業出身ではないキャリアの方や、物凄く依頼がくるわけではないフリーランスの方もいます。それで普通に食べていたり、かなりの金額を稼いでいたりします。メディアに紹介されるのは華がある方になりがちなのですが、今回、編集の方から違う視点で書けるのではないかとお話があり、この本を出版することになりました。

岡田:いいですね。では、普通の人、いわゆるプチフリーランスかな。例えば、クラウドワークスやランサーズなどで「自分の好きなことを始めてみよう」なんて方が、この本を読むと凄く役に立つし勇気をもらえるということですね。ざっくりと中身もご紹介いただけますか?

山田:4章立てになっておりまして、第1章は自分がフリーランスとしてどういう専門分野を選んだらよいかなど、準備段階の話です。第2章が集客の話。儲かっている人の稼ぎ方を3タイプに分類しています。HP作成、SNSの使い方など実践的な内容の紹介もあります。第3章はメンタルコントロールや効率的な仕事術について。第4章が確定申告や節税などマネーの話についてです。

◆時間、収入、仕事の裁量の自由を得る

岡田:面白かったのが、組織で働くこととフリーランスで働くことは何が違うかという話です。要は、時間、収入、仕事の裁量、この三つの自由が獲得できるということですね。それをポートフォリオにして自分でどれを優先するかということですが、このあたりもう少し説明してもらえますか?

山田:時間の自由については、例えば僕のケースですと、子供がレアな病気だったこともあり妻が出産後、子育て+介護みたいな状態だったんですね。病院や児童の支援施設などを昼間、一緒に8カ所ぐらい回る必要がありました。妻があまりに大変なので、食事は僕が母乳育児終わるまで朝昼晩の3食をずっと作っていました。妻が帝王切開で入院したときは毎日、病室にパソコンを持ち込んで仕事をして、ちょっと打ち合わせにいくという働き方をしていたのですが、それでも、特に支障なく仕事を進めることができたのです。会社員だとしたら、月に半休や全休を10日はとらなければならなかったと思います。

岡田:なるほど、ご自身のそのような体験がおありなのですか。

山田:収入の自由については、フリーランスの場合は稼ぎたい人は凄く頑張ればいいし、ほどほどの収入でもよいと考える人はプライベートを大切にすればいいんです。人によってワークとライフを幸せにするボリュームは違いますが、自分でバランスを決められます。お客様に関しても、僕は「今のタイミングならここ」と、単純に売り上げだけでなく、自分の学びになるようなお客様を優先して仕事を受けています。収入や仕事の裁量の自由があると思います。

岡田:本の中に、フリーランスは職業、ジャンル、専門分野の三つをかけ算して独自性を発揮と書いてありますが、自分の強みを見つけられない方もいると思います。何かアドバイスはありますか?

山田:最初から突きつめて考えなくても問題ありません。まずは自分の好きなことや、得意かどうかは関係なく仕事で経験したことなどを、タグのようにポンポンと並べてみるくらいで十分です。会社に勤めておられる40~50代で何のスキルも持っていない方なんて、多分いないと思うんですよね。

岡田:なかには「何をしていたんですか」と聞くと「部長をしていました」と答える方もいます。

山田:部長ではなくマネジメントですが、そう表現できないわけですね。でも「何の業界ですか」と聞くと専門分野、得意分野が出てきます。マネジメントで使っているスキルもいろいろあるはずです。

岡田:たしかに、お金をマネジメントするのであれば、当然、簿記や経理の知識が必要です。システムを使うのであればITスキル、誰かにそれをまかせるのなら人をマネジメントするスキルもいる。それを書き出してみるということですね。では、「自分も少しフリーランス的な働き方をしてみよう」と考える方は、この31ページにある表を使ってみると、自分のキャリアの棚卸しにもなりますし、将来、自分がフリーランスとしてスタートしようとしたときに楽だということですね。

山田:楽です。もしかしたら自信にもつながるかもしれません。よく自分は独立する特別なスキルがないと言う方がいるのですが、本当に“売り”がなかったら何十年も会社勤めなどできません。長く会社にいて地位やキャリアを築いてきたのなら絶対に“売り”はあると、自信を持って言えます。?

◆コワーキングスペース、クラウドソーシングの利用法

岡田:本にも出てきますが、最近コワーキングスペースが増えています。ソフトバンクがWeWork(ウィワーク)に出資したことも話題になりました。コワーキングスペースとは、どんな空間でどのような付加価値があるかをご説明いただけますか?貸会議室やリージャスなどとは違うんですよね?

山田:僕もウィワークの会員で、今日も丸の内からきました。貸会議室とは全然違います。貸会議室では友人はあまりできないと思いますが、コワーキングスペースでは友達、仕事仲間がよくできます。リージャスはシェアオフィスです。個室がメインでオープンスペースが小さい。コワーキングスペースは、シェアオフィスよりオープンスペースが広く、ネットワーキング機能が発達しています。スペース内で自由に参加できるイベントも多いですし、コミュニティマネージャーやホストと呼ばれる人たちが声をかけて、知り合いを作ってくれるんです。

岡田:実際、どうなんでしょう?知り合いが増えたりイノベーションが起きたりしますか。

山田:僕はウィワークに入ってまだ半年ですが、知り合いは何十人とできています。仕事の話がきますし、僕も仕事の発注をします。多分もう数百万円分は発注しています。先日はアメリカの総務省の仕事の相談がきて受けることにしました。普通は、なかなかそんな機会に巡り合えないと思います。

フリーランスの就労インフラとは?

岡田:そうすると、今後は企業がコワーキングスペースをチャネルとして、営業活動や人材育成ほかいろいろな目的で使うようになっていく可能性もありますか?

山田:あると思います。ただ、あまりに営業的な面が強くなると衰退すると思います。実際、コワーキングスペースによっては、そのようなカルチャーが合わない方は排除しているところもあります。

岡田:面白いですね。例えば、大手町にあるA、神保町にあるBというコワーキングスペースは、それぞれ一つのソサエティであって、千客万来に見えるけれども長くいられるかどうかは、何か暗黙の踏み絵のようなものがあるのですね。もう一つ質問です。ココナラという会社も最近よくTVに取り上げられています。ココナラはどういうサービスなのですか?

山田:ココナラはスキルシェアサービスです。物ではなくスキルを売るネットショップのイメージです。例えば、占い、お悩み相談、イラスト作成など自分のスキルを出品することができます。クラウドワークスやランサーズと似ていますが、ココナラは売る側が価格を決められるところが特徴です。似たような、サービスではタイムチケットというものもあります。

岡田:コワーキングスペース、ココナラなどで、スタートアップフリーランスが仕事を獲得していくのは有効ですか?

山田:有効です。ただ、正直、ココナラ、ランサーズ、クラウドワークスだけで食べていける人は僅かです。マッチングサービスはどうしても単価が落ちたり、稼げる人に仕事が集中したりします。人と人で紹介される仕事のほうが金額も大きく、息の長い案件が多いと思います。

岡田:なるほど。いずれにせよフリーランスという市場は優勝劣敗という現実もあるわけですね。

◆稼ぎ続ける3種類のタイプ。職人、相談役、城持ち

岡田:本にフリーランスで稼ぎ続けているタイプが3種類出てきます。職人タイプ、相談役ポジション、城持ちポジション、それぞれのタイプの説明をお願いします。

山田:正確にいうとタイプというより、一人一人が持っている要素です。一つも持っていない方もいれば全部持っている方もいます。まず、職人ポジションは職人としての高いスキルがあり、この人に続けて発注したいと思ってもらえるタイプ。ただ、職人タイプだけだとリスクがあって、あまり知られていないために仕事がなくなったり、発注先がクラウドソーシングだけだと単価が上がらなかったりします。イラストレーターのように自分の仕事をサイトやTwitterに出せる職種は認知されやすいのですが、仕事によっては実績をPRできないこともあり、職人タイプだけだと危険です。実際に稼いでいるフリーランスは、この職人タイプと相談役ポジションの組み合わせが多いです。

岡田:相談役ポジションも多いですよね。日本生産性本部でも定年退職したおじさんたちが、経験を活かしてコンサルタントになります。ただ、実際はほとんどマネタイズできていません。人材業界でもキャリアコンサルタントという厚生労働省の認定資格をとってフリーランスとして独立する方がいますが、独り立ちできるのが約1割。残りの9割は大抵無理なんです。

山田:相談役のポジションとは「困ったときは、この人に聞け」なんです。ただ、そのあとに売る商品設計ができているかどうかが大事です。それがないと「相談を聞いて、終わりの人」になります。

岡田:そうそう、そういうケース多いです。

山田:コンサルタントなら商品はプロジェクトです。プロジェクトという商品パッケージを作っておいて「このプロジェクトの成果を出すまでの間はいくらです」と事前に価格提示しないとダメです。キャリアコンサルタントなら相談を受ける前と後で「その人にどのような変化が起きるのか、あるいは変化が起きる可能性が高いのか」ということを明確にしたうえで、変化を起こすことに対して料金を定義するとよいと思います。請求はもちろん成果報酬ではなくコンサルティング料金です。

岡田:なるほど。そして一番面白かったのが城持ちポジション。Twitter、ブログ、セミナーなどで見かける方々ですが、このタイプはもう天性でしょうか?

山田:天性もありますし、能力もあります。両方のバランスがやはり必要です。でも、難易度が高いです。起業に近いんですよね。当たり外れがあるというか成功率がちょっと低い。

岡田:それでは、どのタイプも1種類だけではリスクがあるわけですね。

山田:そうです。職人、相談役、城持ちタイプの掛け合わせで戦闘力を高める必要があります。どれが優位ということはありません。個人の好みもありますし、食べていかなければならない事情もあります。「こんなネット芸人みたいなことをしたくない…」と言いながら、SNSやブログを頑張っているフリーランスもいると思います。でも、専門性があって、相談にのるのもうまくて、フォロワーも多い方は凄く稼いでいます。1億円くらい稼いでいる方もいます。?

◆ワーク・ライフ・バランスのポートフォリオ

岡田:最近、ワーク・ライフバランス社の小室さん、NPO法人フローレンスの駒崎さん、山田さんなどが、ライフとワークをどのように両立させていくかということについて活動し、メディアでも発信しています。みな30代~40代前半で、その世代からパラダイムが変わってきていると感じます。山田さんご自身が、家庭と仕事の両立について工夫されていることは何でしょうか?

山田:一つは住む場所です。できるだけ家にいる時間を増やすために都心に住んでいます。

岡田:郊外だと都心に出てくるのにかなり時間がかかりますからね。

山田:片道1時間だと往復で2時間。1カ月で40時間も家族と接する時間が減ってしまいます。たとえ自分の部屋で勉強していたとしても、家にいるかいないかで感覚は全然違うのです。お水飲みにいくときにちょっと妻と話したり、子供の頭をなでたりする積み重ねは、凄く大きいと思っています。

岡田:家事の話では、結構もめているご家庭もあります。奥さんのいわば家庭内ルールに、だんなさんが適応できず、ストレスになってしまうようです。

山田:わかります。うちの妻も綺麗好きというか整理整頓のルールが細かいほうなので、掃除のことを中途半端に手伝うとかなり厳しいです。夫婦の関係において、主導権をもって中心的にやっている人を中途半端に手伝うと大体うまくいきません。これは、仕事の覚えが物凄く悪い新人部下が会社に入ってくるようなものです。余計に忙しくなるじゃないですか?

岡田:生産性が逆に落ちちゃうということですね。

山田:落ちます。ストレスになりますから。しかも厄介なことに家事にはマニュアルがないんです。会社と違って仕組化されていない。仕組化されていない暗黙のものを全部盗めというのは日本の職人の世界です。そもそも無理があると思います。家事を手伝うなら、自分の領域を決めてそこについては妻以上に極めるしかないと思います。それで、僕はセグメントを料理にしぼったんです。

岡田:要するに、奥さんに承認をもらうために一つの分野を徹底的に努力し極めると。

山田:はい、料理本を何十冊も買って勉強しました。掃除はもめやすいので男性は料理がよいと思います。料理、男性強いので。掃除は綺麗にするのはロジックですが、どう整頓するかは好みなんです。料理は作るものに好みはありますが、料理自体はレシピがあってロジックです。

岡田:料理も続けているうちに腕が上がりますから、奥さんも誉めるようになるのではないですか?

山田:はい、感謝してくれています。あと、僕は作っている料理をひたすらインスタグラムにアップしていました。「今日もパパが料理を作りました」と送ると「えらい!」と投稿を見てくれた方が誉めてくれます。それも支えにして頑張ってきました。最後にもう一つあります。僕は1日1回、妻を絶対誉めます。毎日のタスクリストに「妻に感謝の言葉をかけたか」というのを必ず入れています。

◆人事担当者へのメッセージ

岡田:山田さんの今後のご予定と、会員の人事担当者へのメッセージをいただけないでしょうか。

山田:人事担当者の方には、フリーランスをもっと活用していただけたらと思います。どうしても人材は社内でとなりがちですが、フリーランスを活用することでプロジェクトが速く進むケースもあれば、それが刺激になって社員さんの能力が伸びたり、硬直化しがちな社内が活性化したりすることもあると思います。

岡田:組織の中にフリーランスをもっと入れて相乗効果を出していく。

山田:はい。フリーランスでも、このプロジェクトや会社が凄く魅力的だから正社員として入ってもいいと考えるタイプもいれば、子育てのときだけ一時的にフリーランスになって、その後は会社員にもどりたいというタイプもいます。絶対にフリーランスを辞めたくないという方は意外に少ないと感じます。人事の方も、社員がフリーランスになって出ていってしまうという捉え方をしないで、フリーランスという雇用形態を上手に活用しようと思っていただけたら嬉しいです。

岡田:フリーランスとして働く時期もあって、組織人として働く時期もある。またフリーランスにもどるなど、出入り自由ということですね。

山田:仕事には、フリーランスでしかできないプロジェクトもありますが、会社員でなければできない予算の大きなプロジェクトもあります。僕自身、やはり成長できる仕事に取り組みたいので、そのためにはライフステージのなかで、会社員にもどってもフリーランスでも、どちらでもよいと柔軟に考えています。

岡田:組織人、フリーランスという分け方だけでなくその中間があるなど、もっといろいろな働き方があったほうがいいという考え方ですね。先日、ロート製薬が兼業・副業をオフィシャルにしました。停滞する社内を活性化するために、社員に外に出て働いてもらって、そこで得た知見を会社のビジネスに還元してもらえばいいという、越境学習的なことが目的だとおっしゃっていますね。

山田:素晴らしいです。フリーランスもUターンが普通にあると思います。地方から東京にみな人が流れていくような感覚でフリーランスを見ないでいただけたらと思います。

岡田:今後の話ですが、協会の会員から「会社の管理職相手に講演してほしい」という依頼があったらご対応いただけるでしょうか?あるいは、スタートアップベンチャー企業から「うちのHPをどうにかしたい」というような依頼などはご対応可能ですか?

山田:講演は新領域ですが、機会があればぜひ一度挑戦してみたいです。ベンチャー企業の集客や広告運用など、いわゆるグロースハックと呼ばれる企業を成長させるための仕事は、僕が一番好きな仕事です。もちろん対応させていただきます。

岡田:ありがとうございます。それでは、本日は以上で終了とさせていただきます。

対談終了後の1枚!


これより先のページは会員限定のページとなっています。
事務局より発行されました「ユーザー名とパスワード」にてログインください。

既存ユーザのログイン