2019年6月より新企画『JSHRM月例会』がスタートしました。この月例会は、会員のみなさまに気軽に参加いただき、短時間の学びの他、会員同士の情報交換や実務上の相談等を進めていただくための集まりです。JSHRMに存在する研究会や外部講師等が登場し、研究会の活動内容をお話したり、旬なテーマについて話題提供をし、参加者のみなさんとディスカッションします。

 初回は、人事制度研究会が登場しました。主催者は私、岡田英之です。人事制度研究会では、人事制度(等級制度、報酬制度、評価制度)の構築や運用、管理職評価スキルなどの人事評価制度領域をはじめ、キャリア、人材育成、組織マネジメントなど関連する領域について、実務・アカデミック両方の視点から毎回テーマ設定をし、メンバー発表によるケース演習、ゲストスピーカー講演、ディスカッションを行っています。

当日の様子

 こんな人事制度研究会ですが、月例会では、『組織・人事マネジメントの平成史~キーワードで振り返る平成31年間と令和時代~』というテーマでお話をしました。平成31年間は、多くの組織で変化に対する対応が遅れ、混乱と混迷を極めた時代であったかと思います。日本型雇用慣行が機能しなくなり、パラダイムシフトが求められたにも関わらず、過去の成功体験や現状維持バイアスに固執し、従来型のマネジメントシステムを抜本的に変える(チェンジマネジメント)ことが出来ませんでした。何故こんな状況に陥ってしまったのか?何が原因なのか?これから何が必要なのか?こうした論点に関し、当日参加された皆さんで熱い議論が交わされました。世代やバックグラウンド、経歴を超えた多様な経験からのオピニオンは刺激に溢れていました。令和という新しい時代はもうはじまっています。いつまでも旧い価値観に固執していては衰退を早めてしまうだけです。これまで以上に危機感を高めてアジャイル(俊敏)に組織・人事マネジメントを変革していきましょう!


岡田 英之

JSHRM 執行役員
Insights編集長 岡田 英之


これより先のページは会員限定のページとなっています。
事務局より発行されました「ユーザー名とパスワード」にてログインください。

既存ユーザのログイン