祖父江 万里子 氏

講師:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 祖父江 万里子 氏

 毎回ご好評頂いておりますJSHRM特別セミナーですが、今回は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの祖父江万里子さんにご登壇頂きました。

 少子高齢化対策、人生100年対策、あるいは極めて具体的な採用難などの理由で人事評価制度を改訂したいという企業は急増しています。しかし、その内容の多くは、既存制度のマイナーチェンジであり、抜本的な改訂に至ることは少ないのが現状です。

 結果として、社内に余計な混乱と不信感を醸成し、制度改訂以前よりも社内環境が悪化してしまうこともありえます。大胆かつ繊細に、何より制度改訂の目的と意志を明確にすることが最重要であることは周知の通りかと思われます。

 今回の特別セミナーでは、これまでの人材マネジメントから将来の人材マネジメントに向かう変化の方向性について、3つのステージのかたちに整理されています。それぞれのステージについてArchitecture(組織構造・人事制度)、Business style(働き方)、Career(キャリア)のABCトライアングルの各要素について明確に説明をいただきました。

 我が社が現在どのステージにあり、今後どのステージを志向するのかを充分に検討した上で、人事制度改訂に臨んでいくことが肝要です。

  • 人材マネジメント ステージ1.0:
    就社志向での入社が多く、1社に定年退職まで勤めることが前提となっている。特定の企業の中のみで活躍(汎用性に乏しい企業特殊人的資源)するための最適化された人材マネジメント。
  • 人材マネジメント ステージ2.0:
    企業と人材は、“付加価値の受容者と提供者”という対等な関係であることを前提とした人材マネジメント。
  • 人材マネジメント ステージ3.0:
    個人は、職務やプロジェクト単位で複数の企業に就労する。働く時間や場所は比較的自由であり、個人のワークスタイルに最適化されている。報酬・自己成長の機会・学習の機会など、労働市場に存在する優秀人材に選ばれる企業になうことを志向した人材マネジメント。

 こうした整理をいただいた後、祖父江様が実際に手掛けられた人事制度改革の事例を紹介いただき、円滑な改革を進めるための細かなステップや配慮などの具体的対応をじっくり説明いただきました。

 参加者にとっては、望洋とした人事制度改革の大きな方向性が見え、頭の整理ができたこと、実際の改革にはどのような点に配慮が必要かが学べたことなど満足いただけたと思います。実際に多くの質問が出され、祖父江さんはひとつひとつに大変クリアな答えを返していだきました。




岡田 英之

JSHRM 執行役員
Insights編集長 岡田 英之