研究会からのお知らせ

2021年度は、年代別の発達課題を軸にし、「ジェンダー」「副業」「ニューノーマル」「夫婦のキャリア」「ロールモデル」などのキーワードを切り口にしたディスカッションをしていきます。
今年度も研究会メンバーが持ち回りでプレゼンテーションを行います。

【2021年度スケジュール】原則 毎月第3火曜日開催

12月21日は、月例会として開催します。

開催場所:オンライン開催(Zoom)※変更の場合はお知らせいたします。

  • 当研究会への参加は、原則、研究会メンバーからの紹介を通して、お申込みいただいています。
  • (wLc)!研究会メンバーをご存じない会員の方、および一般(非会員)の方は、当研究会が企画・運営・参加するイベントや月例会等、一般公開の催しをご見学いただいてから、ご参加のご希望をお知らせください。

研究会について

組織(HR・マネジメント・経営)の視点と個人の視点の両面から、キャリア自律について考える研究会です。

労働人口の減少、ダイバーシティ推進に加え、新型コロナウィルスのパンデミックによる非接触型労働など、組織と個人を取り巻く環境変化が激しさを増しています。働く個人にとってキャリア自律がますます重要になる中、それを支える組織のあり方にも、さらに変化が求められています。
組織の中の一人ひとりが、個性や成長、ライフステージに合わせて能力を発揮でき、やりがいを感じられる環境づくりのため、組織はどのように個人を支援し、それを組織の活性化につなげていくのか。
真のワークライフキャリアの実現のために、組織と個人はいかに共生していくのか。
ワークライフキャリア研究会は、これらの課題について真剣に議論し、行動につなげていくことで、私たち会員自身も一歩前に進んでいきたいと考えています。

研究会の活動の様子

2020年度討議テーマ
  • 女性正社員50代・60代におけるキャリアと働き方に関する調査 -男女比較の観点からー
  • 企業内キャリアカウンセラーの意義
  • 標準レベルキャリコンで、企業内キャリアコンサルタントが出来るのか?
  • セルフ・キャリアドックの概要と実際の運用について
  • 研究機関における多様性とキャリア
  • キャリアコンサルタントに職種専門知識は必要か!?
  • HRテクノロジーの進歩から未来のキャリアカウンセリングを考える
  • 雇用者の副業の目的と効果について
  • コーチングとは? ~キャリア開発における社内コーチングの可能性~
  • アフターコロナの働き方と意思決定について

代表者:渡部 由樹子 氏


    【(wLc)!ワークライフキャリア研究会申込フォーム】

    ※個人情報の取扱いについては「個人情報の取り扱いについて」をご一読いただき、同意した上で、以下の申し込みフォームの「送信」ボタンを押してください。

    ■ 区 分:会員お試し会員一般

    ■ 会員ID :

    ■ 氏 名(必須)

    ■ フリガナ(必須)

    ■ 会社名 (フリーの方は”なし”とご入力下さい): (必須)

    ■ 所属/役職 (フリーの方は”なし”とご入力下さい): (必須)

    ■ メールアドレス(必須)

    ■ この研究会をお勧めしたメンバーの氏名(必須)

    ■ 備考:

    (確認のメールが自動送信されます)


    JSHRM自主研究会