≪JSHRM会員ご招待≫3/26会員月例研究会

「コロナ危機に克つ老舗の教え」~歴史に学ぶ、困難に対処する経営と働き方~

「コロナ危機に克つ老舗の教え」~歴史に学ぶ、困難に対処する経営と働き方~

昨年2020年は新型コロナウイルスの影響により、日本だけでなく世界でも未曽有の危機に遭遇しています。日本でコロナの影響を受けた倒産は、全国に827件が確認され、負債総額は3,335億に達しています(帝国データバンク、2020年12月)。またコロナに関連する解雇や雇い止めは7万5千人を超え、業種別では製造業が最多で飲食業、小売業と宿泊業と続きます(厚生労働省、20年12月)。

しかし過去にも日本社会の歴史において、大地震などの天災や何度も起こった大不況にはじまり、幾度の経営環境の変化で困難な状況がありました。そのようなときでも、いわゆる老舗企業はその都度に幾多の激変を乗り越えて、存続してきた様々な「知恵」を持ち合わせております。

こうした知恵である老舗の永続マネジメントを導入するには何から始めたらいいのか。経営資源の強みを生かし、従業員満足と顧客満足を連動させ、働き方を変革するためにはどうすべきなのか。コロナ禍でかつ人口減少、高齢化社会の時代に、組織と経営者がいま考えるべき不退転のリーダーシップ、そして新たな取り組みのポイントとは。そして従業員が考えるべきこととは。

組織の危機でもあるコロナに、この1年間でどのように対処してきて、今後の展開すべきことには何があげられるでしょうか。企業経営(継続事業体)の基本に立ち戻り、長期存続のためのマネジメントと働く環境を考えてみることが、いまこそ求められています。

今回はフォーラム形式(老舗企業の経営者と労組代表それぞれの立場から、変革のマネジメントと働き方改革の方向性を、そしてコーディネーターが掘り下げて解説)により、活発な意見交換をはかります。

参 加 要 領

【日 時】: 2021年3月26日(金)15:30~17:00
【会 場】:JA共済ビル カンファレンスホール(会場参加、並びにライブ中継の選択制)
(会場はソーシャルディスタンス対応をしております。必ずマスク着用にてご参加ください)
【参加費】: 会員 無料、一般:15,000円(税別)
【申込締切日】:2021年3月10日(水) 12:00
 開催約10日前に、参加証をメールいたします(申込多数の場合は、抽選となります)
【申込】:日本生産性本部ホームページからお申込ください。
URL https://www.jpc-net.jp/about/kaiin/getsurei.html
または下記申込書をダウンロードし、ご記入の上、FAXをご送信下さい。
招待JSHRM会員月例研究会(2021.3.26)