研究会からのお知らせ

2021年度は、年代別の発達課題を軸にし、「ジェンダー」「副業」「ニューノーマル」「夫婦のキャリア」「ロールモデル」などのキーワードを切り口にしたディスカッションをしていきます。今年度も研究会メンバーが持ち回りでプレゼンテーションを行います。

【2021年度スケジュール】原則 毎月第3火曜日開催

12月21日は、MeetUp(旧月例会)として開催します。開催場所:オンライン開催(Zoom)※変更の場合はお知らせいたします。


  • 当研究会への参加は、原則、研究会メンバーからの紹介を通して、お申込みいただいています。
  • (wLc)!研究会メンバーをご存じない会員の方、および一般(非会員)の方は、当研究会が企画・運営・参加するイベントや月例会等、一般公開の催しをご見学いただいてから、ご参加のご希望をお知らせください。

MeetUp 12月21日開催 

組織が本気で取り組みたくなる”育休マネジメント”
~育休取得人材から最高のパフォーマンスを引き出すための着眼点~

育休マネジメントとは、育休復職後の人材の能力を最大限に引き出し、戦力化すること。そして、育休復職後の人材から最高の成果・ポテンシャルを含む成果を引き出せる組織に変わることです。

なぜ「育休」なのか。育休は今や、男女に関わらず多くの人材が経験するライフイベントです。このライフイベントを迎えた社員が一度仕事を離れる、そしてまた組織に戻って仕事をする。一連のプロセスを起点にして、多様性がきちんと成果につながるマネジメントを考えて行こう、そのための一つの大きな好機が「育休」だと考えます。

(wLc)!ワークライフキャリア研究会では、この育休マネジメントを提唱する株式会社NOKIOOの取締役小田木氏を迎え、個人の自律的なキャリア形成と組織の発展の双方の観点からテーマについて、参加者のみなさんと一緒に考える機会をつくります。

プロフィール: 株式会社NOKIOO 取締役 小田木 朝子 氏

ウェブマーケティングの法人営業などを経て、NOKIOO創業メンバーとして参画。教育事業担当役員。育休を活かし、31歳で中小企業診断士の資格取得。2020年、両立期人材がビジネススキルを磨くオンライン・スクール事業『育休スクラ』を立ち上げ、経験学習による人材育成、オンラインを活用したキャリア開発をサービス化。アクティブラーニングを法人・個人向けに提供。グロービス経営大学院修了。*音声メディアVOICYで番組配信中。VOICY>「両立サプリ」検索*2021年7月 書籍「人生の武器を手に入れよう 働く私たちの育休戦略」出版

開催情報
  • 開催日:2021年12月21日(火)18:30-20:00
  • 参加費:JSHRM会員・お試し会員(無料) 、休止会員・一般(1,000円)
  • 支払い方法:事前決済(カード・コンビニ払い・銀行振込)

※振込手数料・システム手数料はご負担ください※開催6日前よりキャンセル料100%

  • 会場:Zoomオンライン開催(※開催情報は後日メールにてご連絡致します)

お申込みはMeetUpのページより、お申込みください。

研究会について

組織(HR・マネジメント・経営)の視点と個人の視点の両面から、キャリア自律について考える研究会です。
労働人口の減少、ダイバーシティ推進に加え、新型コロナウィルスのパンデミックによる非接触型労働など、組織と個人を取り巻く環境変化が激しさを増しています。働く個人にとってキャリア自律がますます重要になる中、それを支える組織のあり方にも、さらに変化が求められています。
組織の中の一人ひとりが、個性や成長、ライフステージに合わせて能力を発揮でき、やりがいを感じられる環境づくりのため、組織はどのように個人を支援し、それを組織の活性化につなげていくのか。
真のワークライフキャリアの実現のために、組織と個人はいかに共生していくのか。
ワークライフキャリア研究会は、これらの課題について真剣に議論し、行動につなげていくことで、私たち会員自身も一歩前に進んでいきたいと考えています。

研究会の活動の様子

2021年度討議テーマ

  • (wLc)!メンバー キャリアインタビュー
  • 2000年代後半 IT企業のキャリア研修事例
  • キャリア研修の意義 再考 ‐ キャリア形成におけるジェンダー論
  • 女性のキャリア ダイバーシティ調査の考察
  • 男性の育児参加/育休 企業事例・(wLc)!メンバーの事例
  • 女性のキャリア - 育休中のキャリアプラン

2020年度討議テーマ

  • 女性正社員50代・60代におけるキャリアと働き方に関する調査 -男女比較の観点からー
  • 企業内キャリアカウンセラーの意義
  • 標準レベルキャリコンで、企業内キャリアコンサルタントが出来るのか?
  • セルフ・キャリアドックの概要と実際の運用について
  • 研究機関における多様性とキャリア
  • キャリアコンサルタントに職種専門知識は必要か!?
  • HRテクノロジーの進歩から未来のキャリアカウンセリングを考える
  • 雇用者の副業の目的と効果について
  • コーチングとは? ~キャリア開発における社内コーチングの可能性~
  • アフターコロナの働き方と意思決定について

代表者:渡部 由樹子 氏

JSHRM自主研究会