<書評>『聞く技術 聞いてもらう技術』東畑開人著(筑摩書房)

人事として配属された当初、他人の話を聞く機会が多いことに戸惑った記憶がある。学生時代は同級生や年齢の近い人からの悩みを聞くことがほとんどだったが、人事として配属されると、親と子ほども年齢が離れた社員の悩みを聞かなければならない。しかも、自分が経験したことのない重い悩みばかりで、20代半ばの若者には相槌すら言葉を選んでしまった。
年齢なりの場数を踏んだこともあり、多少は話を聞くことに慣れてきたが、「そもそもなぜ、人は他人に悩みを聞いてほしくなるのか」という疑問は残った。この疑問を解消できるのではないかと思って評者は本書を手に取ったので、紹介したい。…続きを読む

【JSHRM活動報告】厚労省との交流会第15回次世代労働政策 官民交流ラウンドテーブル(2023年10月20日)

今回のラウンドテーブルでは、「女性が健康に働き続けるために必要なこと」をテーマに、株式会社リンケージの今村優子さんの話を伺った後、JSHRMと厚生労働省のメンバーとで活発な意見を交わしました。…続きを読む

<書評>『社会を知るためには』筒井淳也著(筑摩書房)

評者は人事の仕事に携わるようになっておよそ15年になる。一貫して思っているのは、組織・個人のいずれのレベルでも、「なぜ自分の思った通りに人を動かすのは難しいのか」ということだ。本書は社会学の入門書だが、この問題を期せずして説明している(解決しているわけではないが)。評者と同じようなことを考えたことのある人事パーソンにも役に立つと思い、紹介したい。…続きを読む

雇用システム研究会として初めての合宿を開催しました。当研究会は、日本の雇用システムと労働政策史の分析、研究を目的として毎月開催していますが、今回は倉重先生の発案と江夏先生のご協力で神戸大学での合宿を開催することができました。「いつもと場を変える意味って絶対あるんですよね」。江夏先生のこの言葉を参加者全員が、身に染みて実感できた2日間でした。その一部をお届けします。…続きを読む

インサイト発行形態変更のお知らせ
JSHRM会員の皆様、日頃当協会の活動にご参加いただき、またご支援をいただき誠に有難うございます。

この度インサイトは全面的にその発行形態を変更することとなりましたので、お知らせ致します。
これまでのインサイトは、2023年1月発行の第113号をもって終刊となりました。

インサイトは1999年12月より2023年1月までの間113号にわたり、会員の皆様に「人事のインサイト」をお伝えすることをモットーに発行を重ねて参りました。
当初は会員誌として紙媒体で発行、郵送でお届けして参りました。その後時代の変遷と共に、協会ホームページへの掲載に移行し今日に至ります。

今回の発行形態の変更は、2つの目的のために行われます。

第一の目的は、オンラインコンテンツとして、皆様によりご覧頂きやすい形にすることです。
従来の四半期毎に一括して掲載する形から、一つの記事単位に、それを高頻度に公開することに変更致します。これによりこれまでより頻繁に新着記事が公開され、かつ、短時間で読了いただける形を目指します。
また、将来的にはコメント機能を実装し双方向での意見交換を可能にすること等を検討しています。

第二の目的は、インサイトが当協会として広く社会に情報発信するためのメディアとしての役割を担うことです。
従来は、(最新号を除き)インサイトは会員限定の、専ら会員に向けたコンテンツでしたが、今後はオープンなコンテンツと会員限定コンテンツを切り分けて展開致します。
具体的には、まず当面の間はこれまでの「特集」にあたるコンテンツを“note”でも展開致します。他方、当協会の活動報告、自主研究会の紹介、会員著作を中心とした書評、当協会が実施した各種調査のデータ等は、会員限定コンテンツとして協会ホームページ内で引き続き展開して参ります。

現在、新しい編集部会にて「特集」を鋭意準備中です。
特集は、年間テーマとして3~4つを選び、それぞれに複数の記事を展開する予定です。
今後詳細は固まり次第続報致します。

発行形態は変わりますが、会員が作成する、会員に向けて人事の本質をお伝えすることを目指すというインサイトの想いはそのまま受け継いで参ります。

新しいインサイトにご期待いただけますと幸いです。

2023年9月
JSHRM理事(インサイト担当)
長谷川宏二

会員の方はログインにて、Insights インサイトのバックナンバーが見れます。

会報誌 JSHRM Insights バックナンバーはこちらから